Author Archives: admin

求人募集(一緒にお仕事していただける方を募集しています)

 急 

「社員満足度 日本一を目指して!!」には求人票に書いていないことを
チョット詳しく説明しています。 ホーム画面より、併せてご覧ください

当社では、現在下記の求人を行っています。

★補償コンサルタント業務(実務経験者または補償業務管理士資格取得者)

今回の求人は、実務経験者または補償業務管理士資格取得者を募集しています。
応募していただいた方には、履歴書および職務経歴書の提出をお願いしています。

そのうえで面接を行い、お互いの労働条件や賃金などを正直に、きちんと納得する
まで、時間をかけてお話をさせていただいています。

年齢は不問です。これまで培った技術を、原田設計で発揮してみませんか。

 

【職  種】 補償コンサルタント業務  求人票

【業務内容】 ・主に佐賀県内の公共事業に伴う建物、工作物等の調査・算定

業務の進め方(原田設計の場合)
業務は主に担当技術者と管理技術者で進めていきますが、進めていく中で迷ったり悩んだり
することも多々あります。
補償部では毎週1回、部門ミーティングを行い、業務の進捗状況を共有します。
担当者に任せっきりではなく、ミーティング内で意見を出し合い、進め方や方向性を決定して
いきます。
原田設計は個人ではなく、チームで最良の成果品を完成させます。

二重チェックの意味(原田設計の場合)
ミスのない成果品を完成させるために、二重チェックを行います。
これは当然といえば当然のことなのですが、目的は大きく2つあります。
1つ目は、ミスをなくすためです。
「誰でもわかるようなミスをして・・・」と、簡単なミスをしたばかりに他のところも間違って
いないかと疑われます。こんな残念なことはありませんよね。
そんな思いをしないために、徹底したチェック体制で業務を進めていきます。
2つ目に「チェックをする」ということは、その内容を把握していなければチェックはできま
せん。
もちろん一つの業務に特化する方法もありますが「チェックする」=「他の業務を知る」こと
で、専門技術者としての知識を広げ、成長することができます。

 

また、一般的に補償コンサルタント業務は理解されにくい業種です。
簡単な業務の説明と、原田設計がこの業務に携わる人材への考え方は以下のとおりです。
併せてご覧ください。

◆補償業務の説明
例えば道路を拡幅する工事で、自分が所有する家や庭、駐車場、土地が影響したり、やむを
得ず移転しなければならない(一般的に言う「立ち退き」)とき、その建物や敷地を調査し、
図面化して基準に基づきその価値や移転のための費用(補償金額)を算定します。

◆生かせる職種
補償業務は建物や敷地だけでなく、商売をしている地権者であれば営業調査、工場であれば
機械設備の調査などもあります。
前職がどんな職種でも社会人としての経験を生かすことができます。
もちろん、建築関係や測量関係の経験があれば、大いに役立ちます。

◆未経験者も歓迎
CADやExcelが使えると、よりスムーズに業務に入っていけますが、経験がなくても大丈夫!
仕事をする上では必須ですので、覚える努力はしていただかなければなりませんが、研修への
参加や費用の補助制度もありますので、大いに利用していただけます。
そして、最終目標は資格の取得。
「補償業務管理士」は国家資格ではないものの、この業界ではなくてはならない資格です。

◆実務教育
なぜ「経験がなくても大丈夫!」なのか? それは実務をとおして教育するから。
建築や測量は高校や専門学校にその学科があるのに、補償業務は教えてくれるところが
どこにもなく、重要な業務であるにもかかわらず「そんな仕事、聞いたことない!」が正直
なところ。
補償部では、受注した業務内容に合わせ、週に1回教育する時間を設け、業務と並行して
覚えた知識をリアルタイムに活用します。

◆やりがい
補償業務は、みなさんが所有するかけがえのない財産の損失を前提にした業務ではあります
が、その損失を補う費用は税金から支出されます。
工事する側(施工者:国や県、市町など)と地権者(土地・建物の所有者)の両方の立場
から慎重、適正かつ公平でなければならない業務であるとともに、施工者のサポートを行い、
地権者の財産権を守る、重要でやりがいのある仕事です。

◆さいごに・・・
当社が行っている業種(建築設計、補償コンサルタント、測量、土木設計)は、公共事業に
関わる技術職です。
よりよい成果品を完成させるためには、専門知識と視野を広げたたくさんの「引き出し」を
持つこと。
そのためにはいろいろなことを覚えたり、考えたり、悩むことも多いでしょう。

でも、人は働きすぎてもダメ、休みすぎてもダメ。仕事とプライベートの両立を考えた働き
やすい職場を目指す会社として、他の社員と協力しながら末永くメリハリのある毎日を送って
もらいたいと考えています。

もちろん「 顧客満足度 日本一! 」ですが、併せて「 目指せ! 社員満足度 日本一! 」です。

夏季休暇のお知らせ

夏季休暇につきましては、誠に勝手ながら下記のとおりとさせていただきます。

夏季休暇日  2021年 8月 12日(木)~ 8月 16日(月)

※弊社は土日祝日はお休みとさせていただいております。                                          ※休業中のお問合せにつきましては、8月17日(火)以降に対応させていただきます。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

社員満足度 日本一を目指して!!

2020年4月からの「働き方改革」により、当社も体制を整えました。
目指すは「社員満足度 日本一!!」
自分の時間や家族との時間を多く持てる、ワーク・ライフ・バランスを考えた働きやすい
職場を目指しています。
そのためには常に改善を続け、社員が末永く働きたいと思える環境を作り続けます。

1.労働時間、休憩
勤務時間    8時30分 ~ 17時30分
お昼休憩  12時00分 ~ 13時00分  労働時間は8時間

2.時間外労働、休日労働
できるだけ、時間外労働、休日労働をしない体制を心がけています。
とはいえ、会社として経営していかなければなりませんので、受注の機会があれば受注
しますし、ときには受注が集中することもありますので、時間外労働時間がゼロという
わけではありません。
しかし、会社は社員の労働状態(時間外労働時間や休日出勤など)を常に管理しています
ので「働かせっぱなし」になるようなことはありません。
また、休日に出勤することは年に2~3回程度、発注者や地権者の都合でやむを得ず出勤
となることがありますが、一週間に1日は必ず休みを取り、出勤したときはできるだけ代休
や振替休日が取れるような体制としています。

3.休 日
当社は完全週休二日制(土曜日、日曜日、祝日は休み)
よって、年間休日はおおよそ120日以上あります。

4.休 暇
入社後6か月を経過すると、10日間の有給休暇が付与されます。
当社は有給休暇取得率向上のため「計画年休」を導入しています。(年末年始・夏季休暇)
また、業務が忙しいときの休暇取得は相談させていただきますが、有給休暇は自由に取得
することができます。
有給休暇は半日(午前・午後)、1時間単位(年間上限40時間)での取得も可能なので、
ちょっとした用事や急用にも対応でき、社員からも好評です。

5.子育て支援
「さが子育て応援宣言企業」に登録。休暇はできるだけ対応するよう配慮しています。
産前産後・育児休業の取得実績もあります。

年末年始休暇のお知らせ

年末年始休暇につきましては、誠に勝手ながら下記のとおりとさせていただきます。

休暇日  2020年 12月 29日(火)~ 2021年 1月 4日(月)

年明け 1月5日(火)からは通常業務となります。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

除菌電解水給水器(次亜塩素酸水)を導入しました

新型コロナウイルスやインフルエンザなどのウイルス対策として、除菌電解水給水器を導入しました。

除菌や消臭に効果がありますので、社内や業務で使用するだけではなく、福利厚生の一環として社員にも携帯スプレーボトルを配付し、いつでも使えるようにしています。

また、ペットボトルを持参すれば自宅にも自由に持ち帰り、使用できるようにしています。

 

緊急輸送道路☆沿道建築物の耐震診断を行っています

沿道建築物については、地震発生時にその機能が十分に発揮されることが望まれる道路である緊急輸送道路等の沿道建築物において、建築物が地震によって倒壊した場合、その区域における多数の者の円滑な避難が困難となることを防止するため、対象となる建物に対して耐震診断を行い耐震化を促進することを行っています。

地震のイラスト「揺れる街」

私達は耐震化の促進にむけて、建築設計コンサルタントの立場から耐震診断業務を行っています。

診断費用のお見積りや、補助金の申請手続きなどお気軽にご相談ください!

※図面や構造計算書があれば補助金内で納まることが考えられます。

随時、会社説明会を行なっています!

堅苦しい会社訪問ではなく、チョット会社の様子を知りたいとか、どんな仕事をしているの?

など、気軽に訪ねて頂いて結構です。

先日、専門学校の生徒さんや職業訓練校の方など、短時間ですが説明を受けられたり会社見学に来て頂きました。

新年のご挨拶

昨年は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。
本年も社員一同、皆様にご満足頂けるよう心がける所存でございますので、 何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。
皆様のご健勝と益々のご発展を心よりお祈り致します。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。


※大堂神社にて

 

既存住宅状況調査業務を行っています

平成30年4月1日より、既存住宅状況調査技術者が既存住宅状況調査方法基準に従って行う既存住宅状況調査の結果が、既存住宅の取引における重要事項説明の対象となります。

宅地建物取引業法の改正(平成 30 年 4 月 1 日施行予定)による建物状況調査
(インスペクション)の活用促進や既存住宅売買瑕疵保険の活用等とあわせて、
売主・買主が安心して取引できる市場環境の整備が推進され、中古住宅の購入において
「建物の質を踏まえた購入判断や売買交渉」が可能となります

当社には「既存住宅状況調査技術者」が1名在席しています
・事実にもとづく公正な状況調査を行います
・依頼者に対し、構造耐力上主要な部分等の状況に関する正確な情報を提供します
・調査結果をもとに公正かつ正確な調査報告書を作成します

お気軽にご相談ください!